8/12/2016

B.B. One Day 2016 Summer @ ひがしもこと

残暑お見舞い申し上げます。

8月にはいってから、暑さが続いているオホーツクです。
リトルハウス英数クラブには、「夏休み特別レッスン」や「B.B.くらぶ」などで、暑さの中、たくさんの生徒さんが集まりました。

今日は、今年の3月まで出張レッスンをしていた東藻琴へ、「出張B.B. One Day」。

この春にレッスンを卒業した高1ちゃんも応援に来てくれました。久しぶりに会った彼女は少しおねえさんになってましたね~。

本日の参加者は、B.B.のことを全く知らない初心者さんを中心に10名。年長さんから小6まで。
私も、どんな子どもたちと遊ぶのか、ほとんどわからないままのB.B. One Dayは初めてで、どんな感じになるのかな~。と、ワクワクドキドキでした。

ちょっとしたアイスブレークゲームのあと、チームに分けて、「B.B.あてっこゲーム」。初めてB.B.カードのセンテンスを耳にする子どもたちがどんな反応をするのか、楽しみでした。読み手は、高1のOGちゃんにお願いして、あたったり、あたらなかったり、イロイロでしたが、まずはB.B.カードとなじめたかな~?

その後は、Black Out、Bingo大会と続けましたが、読み上げられるセンテンスとカードがどの子もすぐに一致できて、さすが! 途中から、Phonicsサインだけのヒントビンゴにかえても、大丈夫でした!

時々、水分補給の休憩タイムを入れながら、こんなポイントシートに、獲得したポイント分のシールをぺたぺた。



中盤は、「ジャイアント早取りマッチング」。通常サイズのカードでやる時には、テーブルの上ですが、今回は、たたみの上に、大きくコピーしたカードを広げて。大笑いでしたね!

その後、波乱万丈、最後は、またビンゴ。

アイスを食べながら、私の読む英語の絵本を楽しんで終了の、あっという間の2時間でしたが、ほぼ、ずーっと、B.B.センテンスを言いまくった今日、皆さんの頭の中には、あの絵やこの絵、そしてあの音がぐるぐるしていることでしょう。

OGの高1ちゃんも、一緒に楽しんでくれている姿が、とても嬉しかったです。

今日は、まったくの初心者さん向けの単発イベントでしたし、年齢層も幅広かったので、B.B.カードの中から9枚を選んで徹底的に遊びました。こちらの写真でお見せしているのは、それぞれが「気に入ったカード」です。


またチャンスがあったらお会いしたい、とってもいいグループでした!



7/09/2016

2016年7月☆B.B.絵本くらぶ

ようやく北海道らしい夏空が広がってきました。

7月の「B.B.絵本くらぶ」は、4家族 オトナ4名、子ども7名(男子5名、女子2名)で、にぎやかに開催。3歳~小3までの集まりでした。

今回のテーマは「アルファベット」。

まず、アルファベットがいろいろなものに変身する絵本 Alphabaticsを読むことからスタート。

左ページの変身の様子を見て、右ページにいるものをあてっこのクイズ形式にしながら。
日本人にはなじみの薄いものも登場して「?」の顔もありました(^^)


絵本のあとは、B.Bカードの♥マークで遊びました。
年齢の低い子もいたのですが、16枚使ってこちらも「あてっこゲーム」的に。
通常レッスンを受けはじめている子は、すぐにカードがわかって、少し嬉しそう。

その後、Let's Make Friends!ゲーム。途中でちょっとぐずった子もいましたが、人数が多いと連鎖もたくさんで、オトナからも歓声があがったところで終了しました。

続いてのクラフトタイムはモールと毛糸を使っての「くねくねイニシャル」作りでしたが、、、、

「アルファベットより~、名前より~、♥が好き~!(by永野)」

だったり、モールを使って立体工作しちゃう男子君がいたり、、、、、

ま、手を使ってわくわく楽しむことが目的なので、それもアリでしょう。



はさみを使うのをためらっている子には、ちょっとしたヘルプをしてあげたら、ちゃんと使えて、とても嬉しそうな表情。

「ひとりで、できる!」(実際は、ヘルプがあったとしても)の感覚を育てるのが大事な幼児期ですね。

今回は、北見や網走からのご参加もありました。
とても嬉しいです。

8月はお休みで、次回は9月の予定です。




6/13/2016

Dream Catcher(B.B.絵本クラブ 2016年6月)

風の強い日が多い毎日ですね。


町内の小中高の運動会が一段落した11日は、2回目の「B.B.絵本くらぶ」を行いました。

前回に引き続き参加してくれた一家族と、初参加の親子さん2組。
変則的なのですが、初参加は「B.B.を試してみたい」という小3と小6の男子2名とその保護者の方でした。

初対面の5歳児(女子)、小3(男子)、小6(男子)が一緒に楽しめるのかなー??

はい!ダイジョウブでした(^^)v

今回のB.B.タイムは、ビンゴを2回、頭脳ビンゴを1回、波乱万丈を1回、仲良し1.2.3を2回など、たっぷりでした。初参加の男子くんふたりも、リピートも「もごもご」と知らないうちに口が動いている様子で、いい感じでした。おうちでも遊んでいる5歳児ちゃんは、はっきりとセンテンスが言えるようになっていて、楽しそう。

B.B.カードは30分くらい遊び、その後は絵本とクラフト。

絵本は、写真の2冊でした。

"Free Fall"は、絵だけの本ですが、みんな、真剣に「見入って」いた感じ。不思議な世界が広がりましたね~。ORTの”Dream”は、読み終わったあと、「あーで、こーで、こーなった。」と小3くんが内容をまとめてくれました。

英語だけのお話だったので、絵を見ながら判断した自分の考えが正しかったかどうか、確認したかったんだと思います。

絵だけ見て、「なんとなくわかったー」で、通り過ぎる子と、「自分の理解が正しかったかどうか」確認したくなる子、絵本ひとつとっても個性は様々です。それぞれの捉え方を認めることで、本が楽しめればいいですね。

クラフトは、小学生、しかも男子が参加ということで、「ラブリーすぎない」ものを選びました。
あけびのつるを使ったDream Catcher。

「悪い夢をつかまえてくれる」という魔よけです。アメリカの先住民族(Native American)が使っているそうで、アメリカではお土産にもなっています。

小6くんは、ほぼ自力で、5歳児ちゃんと小3くんは、おかあさんに手伝ってもらいながら完成しました。


その後、初参加の親子さんからは、「楽しめました。」のメールが届きました。「怖い夢をよく見るので、魔除けは嬉しかったみたいです。」とのこと。

幼児とその保護者向けに設けた新クラスですが、あれれ、小学生でもダイジョウブ(^^)v
ということは、、、オトナでもダイジョウブ(?)?

参加者の顔ぶれを見て、プログラム内容を考えます。

次回は、、、






日時:7月9日(土) 10:00~11:00

場所:リトルハウス英数クラブ教室(女満別 夕陽台)

定員:先着6組  *小学生以上は、お子様だけでの参加もOK

参加費:¥1000(一家族)*リトルハウス英数クラブの生徒さん、兄弟姉妹は無料








5/14/2016

5月のB.B.絵本くらぶ


桜も満開。
風は爽やか。

いい日和になってきましたね。

今日の午前中は、今年度新設の「B.B.絵本くらぶ」の第一回目の集まりをしました。

3組の親子さんが集合。5歳から小2までお子様は4名。(保護者の方は3名)

「女子会」でした(はーと)。

B.B.カードは、ダイヤのNo.1~8を使って、ビンゴと「仲良し1.2.3」で遊びました。
学齢が低く、ほとんどB.B.カードで遊んだ経験がないお子様がいたので、ゲームはこれだけにして、次は絵本とクラフト。

今回のテーマは「おさかなさん」。

写真の3冊の絵本を使いました。


Hooray for Fishは歌を聴き、あとの2冊は一緒に読みました。

そのあとのクラフトタイムでは、"Fish Eyes"をお手本にして、お魚コラージュを作成。
おかあさんに手伝ってもらいながら、、、、

こんなのや、



こんなのを作りました。



最後、希望者には、英語でお名前を書いてもらいましたが、こちらの5歳児ちゃんは、今、「ひらがな学習中」のようで、「私はひらがながいい」とのリクエスト。↓


そうです。子どもって、「今、自分に必要なこと」をちゃーんとわかっています。

この子にとっては、「英語」より「ひらがな」が大事なんです。そういう気持ちに寄り添いながら、「でも、英語も楽しいよねー」の感覚が育てていくことが、日本で育つ幼児と英語の関係を考えるときに、大切なことではないでしょうか?

クラフト作りの間、最近、レッスンを開始した小2ちゃんが、つんつんと、私の肩をたたきます。何かな?と思ったら、とっても小さい声で、、、

「あのね。あのカードのね、覚えたのがあるの、、、、Peter Piper peeled a pink peach!」

と、誰にも聴こえないように教えてくれました(うるうる)。

「まだ、体験レッスンも含めて2回だけなのに、すごいねー!(←ほんとに!)」
と、伝えたら、恥ずかしそうに、こっくりでした。

B.B.カードのレッスンは、カードの文章を「覚えること」が実は目的ではありません。その先に広がるいろいろな世界を「楽しみ」英語の世界を「広げる」ために、繰り返しカードのセンテンスに触れます。それは、まずは、「言えちゃった!覚えちゃった!楽しいかも!もっとやれるかも!やりたいかも!」の気持ちを育てていくことが、日本で暮らす子どもにとって必要なことだと考えるからです。


「B.B.絵本くらぶ」は、B.B.レッスンをスタートする前の「ゆるやかな助走」のような「お楽しみタイム」です。よろしかったら遊びにいらしてくださいね♪


次回の「B.B.絵本くらぶ」は、、、、、

日時:6月11日(土)10:00~11:00
場所:リトルハウス英数クラブ教室
定員:6家族(先着順) *小学生以上は、お子様のみでの参加もOK
参加費:一家族¥1000

内容は、お申込みいただいたご家族やお子様の学齢や性別などから決定します。お楽しみに!

5/02/2016

大学受験生でも絵本。

こんにちは。

リトルハウス英数クラブです。

GWも小休止の方もいらっしゃるでしょうか? 

リトルハウス英数クラブは、今週は5日(木)までお休みですが、昨日は、大学受験生のレッスンがありました。

部活などのスケジュールの都合で、日曜日に理数科目と英語を一度にこなしています。

理数科目は、学校や自分でウイークデイにやってみて分からなかった部分、曖昧だった部分を個別にサポート。

英語については、B.B.カード育ちの彼女は、長文読解やリスニングが得意。受験生になって見えてきた課題が、、、

「大意はわかるが、和訳にするのが難しい」

ということなので、長文問題集から一問くらいをていねいにすすめています。対話形式で、わからない単語などが出てきたら、その単語を使った別の文を作ってみたり、別の英語で言い換えたりして、「記憶のフック」にひっかかるように。時にはインターネットで画像検索したりしながら。


彼女の場合、「わからない単語」は、「どこかで見たことがある単語」がほとんどなので、そんな形で「拾い上げて」いくやり方にしました。

文法用語を使った説明は、ほとんどしません。音読しながら意味の区切れを確認することで十分。

受験用の長文問題って、中身が結構面白いので、そのテーマについて英語で話してみたり、受験生だけど楽しいレッスン(^^)v

理数科目についても言えますが、一方通行の「講義」ではなく、あれこれ「対話」することが大切。それにより、知識が増えたり、意味を深く感じられると思います。

昨日残った時間は、絵本の聴き読み、シャドウイングなどで過ごしました。"Petunia"をくすくす笑いながら読んでいましたよ~。

宿題(?)は、ネイティブの子ども向けのこんな本。一週間に1~2冊読んでます♪



部活で多忙な間は、こんな感じのレッスンかな~。それでも、(いや、それだから?)模試の成績も結構いいんですよ~。

さて、今月は、こんな特別レッスンも予定中。







BB絵本くらぶ

5/14(土)10:00~11:00 

●幼児~低学年と保護者の方
●一家族¥1000
●限定6組(先着順)※残席2組

絵本とB.B.カードでゆっくり楽しむひととき。
クラフトタイムもあります!







4/23/2016

親が夢中になると、子どもも・・・・?

***************

こんにちは。

リトルハウス英数クラブです!

今日の午前中は、月に一度のオトナの方の「多読カフェ」の日。

今回の参加者は、北見市、網走市、美幌町、大空町から6名。(お連れのお子様5名!)

とてもにぎやかに楽しいひとときを過ごせました。

小さいお子様(小2から1歳半くらいまで)は、隣のお部屋でパズルやレゴ、お絵かきで、好き勝手にお遊び。

オトナは、英語本談義でワイワイ。

このバランスがいいのです。


「おとうさんや、おかあさんなど家族が、英語に興味を持ち」

「家の中に英語の本があり」

「CD朗読をなんとなく耳にしている」

こんな環境にあれば、子どもたちは、自然な形で「英語に親しむ」ことができます。

「いつも英語が身の回りにある」

そういうご家庭のお子さんは、のびやかに英語を学んでいきますよ。


今回の参加者の皆さんも、「ご自分で楽しむ本」と一緒に「子どもさんとも楽しめる本」をお持ち帰りになりました♪

そういえば、、、今日、4月23日は「子ども読書の日」だそうですね。おうちで、日本語の本も英語の本もたくさん読んでほしいな~。

来月は、28日(土)か、29日(日)に予定中です。

どなたでも参加できます。お問い合わせ、お待ちしております。








4/20/2016

オトナの方も、離れていても。

こんにちは。

リトルハウス英数クラブです!

今朝、窓の外を見たら、冬に逆戻りの雪景色でびっくりしましたが、あっという間にとけましたね。

さすが、4月の太陽の光は強いですね。


「やっと雪も融けて、動きたくてウズウズしています。」のお手紙とともに、英語絵本をお貸ししているAさんから、レターパックで本が返却されました。 

Aさんは英語多読をスタートしてまだ数ヶ月です。

付箋にそれぞれの本の感想も。

写真のような絵本から、少しずつ、少しずつはじめて、いつの間にか英語の本が読めるようになりますよ。

リトルハウス英数クラブでは、英語多読本、英語絵本も貸し出し中です。Aさんのような遠方の方には郵送の形で対応中です。

興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいね。→「英語多読くらぶ