2/11/2017

2017年2月★B.B.絵本くらぶ

流氷も接岸し、寒さもピークですが、2月の半ばにもなるとさすがに陽射しが強くなってきました。

幼児とその保護者を対象の「B.B.絵本くらぶ」。月に一度のレッスンですが、2月は11日の土曜日に行いました。

当日の朝になって、「体調不良」などでのキャンセルが相次ぎ、参加者は3家族3名。年中さんから年長さんの「女子会(^^)」でした。

前回は、元気な男子くんが多かったので、B.B.カードでもからだを動かすゲームをしましたが、今日は、じっくりカードに向き合う形式にしました。ダイヤのカードから8枚をまずは、「あてっこ」して探しだし、リピート。前回参加の年中ちゃんは「このカード知ってる!わかる!」とアピールし、リピートが成功すると「言えたー!」と歓声。はじめてのカードのリピートがうまくできないと「言えないー!」と、テンション下げ気味(^^;)

幼稚園の子でも、「言える、言えない」って結構気になるんですね。

「言えるところだけでいいんだよー」と励ましつつ、レッスンを進めていると、センテンスのリピートにあわせて、頭や体をリズミカルに動かしていました。そうそう、まずはそこからね!

選ばれた8枚でビンゴと頭脳ビンゴをして30分のB.B.タイムは終了。

その後は「友だち」や「雪」に関係する短い絵本をさらりと読んだあと、クラフトタイム。この時間を楽しみにしている子が結構いるのです。

今回は、「バレンタィン」を意識して、毛糸を使った「ハート」のオーナメント作りにしました。できあがったものは、みんなが「大好きな人」にプレゼントしてね♪

次回は3月11日(土)10時~
定員は6家族(先着順)

★当日のキャンセルもOK。どうぞ皆様気軽に遊びにいらしてくださいね。




2/06/2017

入会は随時です♪

流氷も網走に接岸して、寒さも極まった感がありますね。

それでも暦の上では「立春」。

新しいことをスタートしたくなる季節です。
リトルハウス英数クラブにも「新入会」や「体験レッスン」のお問い合わせが届いております。
ご連絡くださった皆様ありがとうございます。

「お問い合わせフォーム」からのご連絡については、48時間以内にメールにてお返事をしております。もし届かない場合は、メールの「受信設定」でgmailを受信可能にした上で以下に改めてメールをご送信ください。

littlehouse2007@gmail.com

お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

リトルハウス英数クラブは入会随時。

体験レッスンは無料で受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

(昨日の「めまんべつかわら版」でも教室案内を掲載してくださいました^^)

1/21/2017

2017年1月★B.B.絵本くらぶ

m
全国的に寒さが厳しいこのごろですが、オホーツクは寒いものの穏やかな日が続いています。

2017年最初のB.B.絵本くらぶは14日(土)に行いました。

幼児から小学校低学年と保護者の方を対象に、B.B.カードで遊んだり英語絵本を読んでもらったり、そしてクラフトもしちゃおうという「ゆるさ」がアピールポイントのひととき。

今回は、定員6家族をオーバーするお申込みがありました!
会場は町内「ひまわり温泉」の研修室にて。

当日はキャンセルもあり、6家族、8名、3歳~小2までの子ども達が集合でした。

B.B.タイムでは「この絵は何をしているところ?どんなお話かな~?」の質問をしながら5枚のB.Bカードを紹介。


おうちで遊んでいる年長さんは

"Peter Piper peeled a pink peach!"

と恥ずかしそうにカードのセンテンスを言ってくれました。その他のカードも、絵が表している内容を的確に説明してくれる子がたくさんいましたね。

5枚のカードを壁に並べて、そこからは、「タッチレース」。言われたカードのところに走っていってタッチするゲームです。

そんな感じでからだを動かしながらB.B..カードで遊んだあとは絵本タイム。
今回は、酉年にちなんで、鳥がたくさん出てくるGood Night Owlを読みました。

こちらも「絵」の集中して楽しんでくれました。「英語だからわかんない!」の言葉がひとつも出なかったのはこの絵本が素晴らしいってことですね。

クラフトタイムは、思い思いの「鳥」を作って終了。



寒い朝でしたが、子どもたちの熱気で心もからだもあったかくなりました。

この集まりは一回ごとにお申込みを受け付けております。

次回は、、、、

日時:2月11日(土)10:00~11:00
場所:リトルハウス英数クラブ教室(予定)
定員:6家族(先着順)(残席2)
参加費:一家族¥1000(リトルハウス英数クラブ生徒さんのご兄弟、姉妹は無料)

内容は参加者の学齢、人数などによって決定します。









1/03/2017

隠れているのは誰かな~?

Happy New Year!

2017年がスタートです。

昨年はたくさんの出会いがある素晴らしい一年でした。
おつきあいいただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

この1年もわくわくする年になりますように!

リトルハウス英数クラブの2017年は、5日からの「冬休み特別レッスン」からはじまります。

通常レッスンは13日(金)から。

そして14日(土)には「B.B.絵本くらぶ」があります。(残席1組)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真は、教室の生徒さん向けの年賀状。
年賀状を書いてくれた人には、このハガキにおみくじシールをつけて送ってます。

あれ?何かが隠れているよ(笑)。




11/12/2016

11月のB.B.絵本くらぶ

今朝も白いものがちらちらした様子。

今年は冬の到来がほんとうに早いですね。

毎月第2土曜日の午前中に開催している「B.B.絵本くらぶ」ですが、今日も2組の親子の方が美幌と女満別から参加してくださいました。保護者の方2名に年長くん2名。そして年少くん1名。

さっそくB.B.カードのダイヤマークを9枚使ってのビンゴ。

9枚選ぶところからスタートして、ビンゴを一回。そしてそのあと裏になったカードから言われたカードを「あてっこ」のゲーム。英語混じりの指示も「なんとなくわかる」感じで楽しく遊べました。

センテンスのリピートも、楽しんでいました。

就学前のお子さんには、こんな感じでまずは「カードに馴れ親しむ」ことがよさそうですね。

絵本は、数冊並べた中から「これがいい」と男子くんたちが選んだこちら。


くしゃみや鳴き声など、英語と日本語の違いに大笑いしていました。

クラフトは、、、


来月のクリスマスにも使えるかな?のオーナメント作り。

いろいろな形のものができました。


「もっとやりたい!」の声が出たところで「はい、終了(^^)!」

初参加の男子くんも、ゲームと絵本、クラフトを満喫してくれた様子です。

来月はお休みしますが、来年1月にまた再会しましょう~。





11/03/2016

ハロウィンB.B. One Day

今年の秋から冬への移りは駆け足ですね。
教室に通う生徒さんたちも「完全冬仕様」ですでにモコモコしてます。

そんな10月最後の日曜日、ハロウィンB.B. One Dayを開きました。
今回の参加者は、小1~小6の18名と保護者の方3名。

年齢層に幅があったこともあり、今回はバトル系のゲームは封印して、チームごとで楽しむ形をメインにしました。

まずは”Who am I? スケルトンバージョン”

見本はこちら。

これを見せて ”Who am I?”ってたずねたら、、、 「スケルトン!」のおこたえ続出(笑)

「あー、そうですね~。でも、よーく見てね、、、BBキャラですよ~!」のヒントで、あちこちからささやき声がザワザワと。。。

どうやら、皆さん、わかったようですね~。のタイミングで、各チームに1枚ずつこちらを渡し、チームごとに何のスケルトンか考えてもらいました。

この後、チームごとにビンゴ、頭脳ビンゴ、最後はスペードのマークを4セットくっつけて8×8で巨大ビンゴ。

続いては、ハロウィンフリスビー。 Big BBを床に並べて、紙皿フリスビーを投げてあたるかどうかを競いました。

ランチタイムは、地元の美味しいパン屋さんに注文したメロンパンを使いチョコペンで、ジャコランタン風にお絵かき。「このまま食べたい」の子はそのままでしたが(^^)

みんなでランチを食べてから、この絵本を読み、最後は各自持参してもらったtrick or treat袋のお菓子をくじで交換してプログラム終了。

くじびきの方法については、当日、参加者のみんなと相談。その結果、

「自分のがあたったら、もう一度ひく」
「年齢の小さい子からひく」

と決定。

すっかり日本でも風物詩と化したハロウィン。地元の商店街でもtrick or treatなどのイベントが開かれたこともあり、教室ハロウィンは、シンプルな形でまとめてみました♪


進行に夢中で、写真が少なくなったのが残念(^^).


10/20/2016

This is NOT a pumpkin

秋の大嵐。
紅葉したはっぱがはらはらと舞っていますね。

「ハロウイン」の言葉が日本中にあふれかえる10月です。(いつの間に、こうなったんだろう??)

リトルハウス英数クラブでは、教室開設以来、この季節はかぼちゃのカービングをしたり、パーティレッスンを開いてまいりました。日没が早まり、気温も急激に低下して、体調も気分も整いにくいこの時期、少しでも気分が「あがる」といいな~の思いをこめてです。

今年も各クラスで、ハロウィン絵本を読み始めました。

昨日の3つのクラスでも様々な本を年齢に応じて楽しめました。

小2生6名のクラスでは、最近は、本棚に並んでいる絵本を、「コレ読んでー」「こっち読んでー!」と引っ張りだしての合唱で、交通整理が大変、、という嬉しい悲鳴。そんな中、「しゃっくりの本!」というリクエストにお応えして、こちらを一緒に。hic hic hicの部分は、みんなで大合唱でした。



小5生が4名のクラスでは、以前にも読んだことのあるこの本。



クラスの皆さん、主人公のオスカーくんへの同情心が半端ない!「このおかあさん、無神経すぎる!」とオスカー母に対しても厳しいコメントが出ました。一年前、二年前には「言語化」できなかった自分たちの「気持ち」をだんだんと表現できるようになってるんだなあと、英語とは別の部分でちょっと嬉しかったです。

さてさて、中学生クラスでも読みましたよー。

中1クラスは、レッスンの1/3は、各自で問題集など学校の補習に取り組みます。早く終わってしまう要領のいい子たちは、BBカード準拠のPlay Bookでクロスワードやワードサーチ。夢中で取り組んでいます。「わかりそう、できそう」のちょうどいい塩梅のようです。

その後、BBカードやグラマーカードで「英語の筋肉増強」に取り組んでいますが、最近、絵本も必ず「読み聞かせ」で紹介しています。

今回は、まずこちら。ネイティブの「0歳児~2歳児」向けのボードブックです。これ、普通に読んでしまうと、「赤ちゃん本」なので、中学生には物足りないのですが、ちょっと視点を変えると、大笑いでつっこみながら楽しめます。



そして、こちらのボードブックも読みました。



下読みの時に表紙を見て、「ん?なんだっけ?」とすぐには思いつかなかった「どっかで見た感」、子ども達に見せた途端に思い出しました!

ルネ・マグリットの「これはパイプではない」です。

(ちなみに、この絵本のオチはもっとカンタン)

さてさて、中学生は、どう反応するだろう?と、ドキドキワクワクしながら、読み進めました。本に登場するのは、どう見たって「パンプキン」なんですよね。

そんな中、ひとりの男子が、マグリット的おこたえを!

「これ、絵じゃん。かぼちゃじゃないじゃん。」

わかるかな~?わかんないかな~?絵本から広がる、哲学的な探求??

どのクラスでも「物語の先の展開」を「読むのが上手な子」がいます。また、絵の細かい部分をていねいに読み取り、そこから新たな物語を展開させる力が強い子もいます。

そして、そうした「骨太な力」のある子が学校の成績がいいかというと必ずしもそうでもありません。

問題集だけ、テキストだけで英語を「勉強」していたら見えてこないかもしれない各々の潜在力が絵本を「一緒に楽しむ」ことで見つけることができるなんて、素敵だなあと改めて感じます。